詳細

タイトル 第5期駐日本国大韓民国大使館SNSリポーター募集
SNSリポーターの役目 ○韓日両国の文化、歴史を紹介する映像制作
○韓国大使館SNSのサポート(SNSを利用しての活動紹介や韓国大使館SNSの紹介等)
○韓国探訪の映像制作
募集人員 18人
(東京都内9人)(神戸、名古屋、新潟、札幌、仙台、大阪、横浜、福岡、広島 各1名)
参加資格 現役大学生で日本国籍を有する方、海外旅行に支障のない方
提出書類 ◇写真つきの身分証をカラースキャン(例:学生証、パスポートなど)
◇連絡先、氏名、学校名、専攻、学年、
現住所、性別、生年月日、facebookのID(メールアドレス)
◇自己PR:SNSリポーターとしてどんな役割をはたせるか等
※PCで映像編集が可能な方を優遇
提出先、お問い合わせ koreanemb.japan@gmail.com
選抜方法 提出書類審査、面接
締切日 2014年6月13日(金)
面接日 個別通知(書類通過者に限る)
最終発表日 2014年6月27日(金)(個別通知およびfacebookにて発表)
主要日程 ○発足式、オリエンテーション日時:
2014年8月25日(月)~2014年8月26日(火)(1泊2日)

○訪問日程
◇韓国訪問日時:2014年8月26日(火)~2014年8月30日(土)(4泊5日)
◇訪問先:ソウル、安東(河回村)、慶州(慶州歴史遺跡地区)、海印寺
◇出発地・到着地:羽田~ソウル

目的 リポーターとして4泊5日間、韓国の文化、歴史遺産を巡りながら体験したものを
SNSを通じて日本に紹介(各組別に10分あまりの広報用映像制作)
旅行経費 全額無料
駐日本国大韓民国大使館 facebook https://ja-jp.facebook.com/kankoku

2日目 勤政門(景福宮内)

SNSツアーの資料画像

<景福宮(キョンボックン)>
李成桂により1395年に現在の大韓民国ソウル特別市鍾路区世宗路1-56に置かれた朝鮮王朝の王宮。
近代では、大日本帝国に併合された後に朝鮮総督府の庁舎が置かれた。
韓国建国後は、敷地の一部に大統領官邸(青瓦台)が置かれている。
現在は景福宮の中心部に1867年に興宣大院君によって再建された勤政門や勤政殿などが現存し、建物の復元が進行中。

2日目 臨淸閣(イムチョンガク)

SNSツアーの資料画像

<臨淸閣>-壬辰の乱を乗り越えた安東の古い木造建物-
壬辰の乱を乗り越えた安東の古い木造建物『臨清閣(イムチョンガク)』は独立運動家で大韓民国臨時政府の
臨時政府の初代国務領であった石洲・李相竜(イ・サンリョン)を輩出した儒林名門家の家です。
中宗の時代の1515年、安東の自然の風景の美しさを好んで定着した李洺(イ・ミョン)が建立した建物です。
そして鳳停寺の極楽殿と共に壬辰の乱を無事に乗り越えた安東の古い木造建物の中の一つで、
歴史的にも建築学的にも価値が非常に高い建物となっています。本来臨清閣は一般の私邸で建てられる最大の規模の99間の豪邸でしたが、
日本統治時代に日本が鉄道を通す時、庭を横切るようにあえて設定して、半分の50間だけが残されました。
また臨清閣の瓦が赤褐色担っているのは汽車の車輪の酸化鉄で変色したためです。
『臨清閣』では宿泊することができ、大小さまざまな部屋があるので、人数に合わせて利用することができるようになっれいます。

2日目 河回村(ハフェマウル)

SNSツアーの資料画像

<河回村>
大韓民国慶尚北道安東市にある集落。農村における両班の伝統的な生活様式を保存している「民俗村」であり、
韓国の著名な観光地の一つである。「マウル」は朝鮮語の固有語で「村」を意味する言葉。
村全体が韓国の重要民俗文化財第122号に指定されているのをはじめ、多くの有形・無形文化財を擁する。
河回村は2010年7月31日、慶州市の良洞村とともにユネスコの世界遺産に登録されている。

3日目 雁鴨池(アナプチ)の夜景

SNSツアーの資料画像

<雁鴨池(アナプチ)>
韓国の歴史書物である三国史記(AD 1145)によると、
新羅(57 BC-AD 935)の文武王(在位AD 661-681)14年(AD 674)に宮中に池を掘り小さい山を作ってそこに草花を植え、
重要な動物を集め育てたと書かれています。この雁鴨池はその時掘った池で、現在月城(AD 101年に建てられた新羅時代の城)で、
外側の北東に位置しています。1974年に行われた発掘調査で雁鴨池は東西に200m、南北に180mの球形に作られており、
大小3つの島が配置されていたことが明らかになりました。現在の姿は原形に近い形で保存されていた護岸石を土台に復旧したものです。

4日目 海印寺(ヘインサ)

SNSツアーの資料画像

<海印寺(ヘインサ)>
海印寺(かいいんじ、ヘインサ)は、慶尚南道陜川郡にある寺院。
韓国仏教界の最大勢力である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の三宝寺院、五大叢林(海印叢林)に数えられている。
また曹渓宗の第12教区本寺。
高麗八萬大蔵経の版木が保管されている大蔵経板殿は世界遺産に登録されている。